ドイツとデュッセルドルフの生活情報をお届けしています。

暮らしの情報⇒郵便

郵便

[戻る]

ドイツでは郵便事業はドイツポスト [Deutsche Post AG] が行っている。小包や宅配便などの業務は子会社であるDHLが行っています。

ドイツポスト [Deutsche Post AG] の支店(いわゆる郵便局)は少なく、代理店 [Post-Agenture]が窓口になっている場合が多い。代理店はキオスク、文房具店、電気店、花屋などの小売店がフランチャイズで営業しており、お店の外に"DHL"の黄色い看板がかかっているので分かりやすい。

UPS, Fedexなどが同様の業務に参入しているが、ここではドイツポスト [Deutsche Post AG] に関して説明します。

郵便物の発送

  1. 郵便物(はがき、封筒、小包など)を郵便局(代理店も含む)に持って行きます。料金が分からない時はそのまま窓口で渡せば料金を言ってもらえるので、その場で支払えば郵便物はそのまま引き取ってもらえます。
  2. 事前に料金などが分かっている場合は切手などを貼って持って行き窓口で渡します。はがきや封筒は街角のポストに投函する事も出来ます。
  3. 郵便局の前には、切手の自動販売機とポストが設置されているので、切手を貼ってそのまま投函する事も出来ます。

街角のポスト

ポスト

ポストに貼られた集荷予定表

集荷予定表

切手自動販売機

切手自動販売機

封筒の宛名の書き方

  1. 氏名、通り名・番地、郵便番号・都市名は、段を変えて書く。
  2. 日本向けの場合、宛名は全て日本語で書いて問題ないが、都市名と国名だけはアルファベットで書く。
  3. 封筒の書き方の例:
    封筒の書き方